ウフィッツィ美術館・ピッティ宮殿・ドゥーモ

観光スポットNAVI|耳寄りな口コミ情報を随時更新中!

観光スポット・名所の見どころ満載!eetoko.net

フィレンツェ観光名所 ウフィッツィ美術館・ピッティ宮殿・ドゥーモの口コミ情報

読了までの目安時間:約 6分

 

教科書で見覚えのある絵画の名作が並ぶウフィッツィ美術館

 

美術に疎い人でも必ず学生時代に美術の教科書で見たことのある絵画の名作がずらりと並んでいます。美術に疎くても2時間以上は見学してしまう場所と言えます。美術に興味がある人なら一日中いても飽きないほどの所蔵量でかなり楽しめるでしょう。

 

年代によって変化していく絵画の様式や技法なども注意して見たいポイントです。一番有名なのはボッティチェッリ作の「ヴィーナスの誕生」や「春」ですが、必ずや「これどこかで見た事ある」という作品に出合えるはずです。

 

美術鑑賞に疲れたら美術館内にBARがあり、一休みすることも可能です。またこのBARに隣接するベランダに出ると、美術館の隣にあるヴェッキオ宮殿の時計台を眺めることも出来るので、是非ともこちらで一休みを。

 

写真を撮るだけならベランダに自由に出ることも出来ますよ。難点と言えば人気の観光スポットなので出入りやチケット購入の際に長時間並ばねばならないことです。時間を短縮したい方、またはバカンスシーズンには事前に電話かインターネット経由で予約を入れておくことが必須です。
 

 

ピッティ宮殿で外せないラファエッロ作の絵画が集結 パラティーナ美術館

 

 

フィレンツェの2大美術館のひとつと言われるピッティ宮殿。正確には宮殿の中に複数の美術館が入っています。オススメはラファエッロ作の絵画が集結するパラティーナ美術館です。

 

優しい表情の聖母に抱かれた幼い子供などのラファエッロ独特の柔らかいタッチの絵画を楽しむことが出来ます。また宮殿を利用しているため、昔の宮殿の内装をそのまま残しており絵画のみならず内装も必見。

 

宮殿に併設されているボーボリ庭園は忙しい観光の合間ののんびり出来るスポットとして人気です。お天気のいい日にはベンチに座りゆっくりしてみるのも良いものです。

 

面白いのがこの庭園の奥にある陶磁器美術館。小規模ではありますが、あまり見かけないタイプの常設美術館です。ヨーロッパで栄えた陶磁器工芸の歴史を見ることが出来、特に女性の観光客に人気の美術館となっています。

 

フランスやベルギー、ウィーンの陶磁器をはじめ、イタリアで有名なカーポディモンテやリチャード・ジノリなどもアンティークな作品を数多く所蔵しています。

 

 

花の都フィレンツェの中心にあるドゥオモ

 

 

花の都と呼ばれたフィレンツェ、その花に値するのが町の中心にあるドゥーモです。正式名称はサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。観光写真などでよく見られる背後に大きな円形のドーム、クーポラを持つカトリックの教会です。

 

教会前には洗礼堂があり、クーポラの建設中教会内で洗礼が出来なかった時代にはこちらで洗礼式をしていました。大聖堂・洗礼堂・鐘楼ともに非常に美しい姿を今現在まで保ち続けています。

 

建物の表面を覆っているのは白・緑・ピンクの大理石で、ゴシック仕様の美しいモザイクで彩られています。大聖堂の内側の内装も非常に煌びやかで、床から天井にいたるまで素晴らしい装飾がなされていますので一見の価値ありです。

 

クーポラの上には登ることが出来、頂上からフィレンツェの街並みを見渡すことが出来ます。隣接する鐘楼にも上れますが、高さ的には若干クーポラより低いです。

 

ただしクーポラを間近に写真に収めたい場合は鐘楼に登ることをオススメします。階段のみになるため、体力のあるうちに行きたいスポットです。

 

 


 

タグ :

海外観光スポット ヨーロッパ イタリア 海外観光スポット ヨーロッパ 海外観光スポット

TOPへ戻る