松江城・塩見縄手・八重垣神社

観光スポットNAVI|耳寄りな口コミ情報を随時更新中!

観光スポット・名所の見どころ満載!eetoko.net

出雲観光名所 松江城・塩見縄手・八重垣神社の口コミ情報

読了までの目安時間:約 5分

 

イベント盛りだくさんで絶景が楽しめる松江城

 

かつての日本にはたくさんのお城がありましたが、明治維新や戦争を潜り抜け現存している貴重な12のお城の一つがこの松江城です。天守からは松江の街や宍道湖を望むことができます。

 

復元された観光向けのお城とは異なり、松江城は入り口で靴を脱ぐので厚手の靴下を履いていても冬はとても足が冷たくなりますが、場内にある当時の生活用品などを見ながらだと昔の人の生活を偲ぶことができます。場内でぜひ探してほしいのがハートの形をした木目がある柱です。

 

2015年に国宝に指定されたお城なので、人がたくさん来ている時期ならその柱に人が集まっている可能性が高いのでおそらくすぐに見つかります。また松江城の見どころは中だけでなく外にもあります。

 

お城の石垣部分も天守と同じく築城時と変わっていないため約400年前に組まれた石が今でもお城を支えているのです。石組としてはもっとも頑丈な積み方をしているので今でも崩れることがないそうです。

 

松山城イベント情報

 

 

ハートのくぐり松でも有名な塩見縄手

 

 

日本の道100選にもエントリーしている、塩見縄手とは松江城の後方に位置している地区で、最も城下町らしい佇まいを残しています。かつては中級の武士が住んでいたため武家屋敷が並んでいました。

 

現在は当時の武家屋敷が一軒と、怪談で知られる小泉八雲が過ごした家が残っていることもあり、松江市の伝統美観地区に指定されています。この武家屋敷と小泉八雲の旧居も見学が可能です。

 

お堀沿いにこの町並みと老松の並木が続き江戸時代の雰囲気を感じられます。また縁結びが有名な松江なだけあり、この塩見縄手でもハートが隠されている部分があります。それはハートのくぐり松と呼ばれています。

 

歩道を歩いていると道をふさぐように成長している松がありますが、その松の下をくぐって通ると幸せが訪れるといわれています。

 

この塩見縄手までは松江城から歩いていくこともできますが、松江城からの階段を下りてきた近くに堀川めぐりの船着場があり、ここから船で塩見縄手に行くのも風情があり、とても素敵です。

 

 

縁結びの神社でも有名な八重垣神社

 

 

八重垣神社は古事記に登場するスサノオがヤマタノオロチを倒して、稲田姫との新居を構えたことから縁結びにご利益があるといわれ、出雲大社と並んで人気のある神社です。縁結びの神社といわれるだけあり、境内には根は2本なのに幹が1本になっている夫婦椿があります。

 

しかし、八重垣神社が人気なのはこの夫婦椿や神話のことだけではないのです。拝殿の左に進んでいくと小さな鳥居をくぐり、鏡の池という小さな池に行くことができます。

 

この池は稲田姫が鏡の代わりに使っていたという言い伝えがあり、鏡の池、姿見の池などと呼ばれています。この池で行う占いが人気があり、社務所で占い用紙の和紙を頂き、和紙の中央に硬貨をのせ池に浮かべるという恋占いです。

 

和紙の沈む速さが早ければ良縁は近く、遅ければ良縁はまだ先というものです。また和紙が沈む位置も重要で、浮かべたところから離れた位置で沈めば遠方の人と、近くで沈めば近くの人と縁があるといわれています。

 

 


 

タグ :

国内観光スポット 国内観光スポット 山陰・山陽 国内観光スポット 山陰・山陽 島根県

TOPへ戻る