松島・宮城峡蒸留所・利休の口コミ情報

観光スポットNAVI|耳寄りな口コミ情報を随時更新中!

観光スポット・名所の見どころ満載!eetoko.net

宮城観光名所 松島・宮城峡蒸留所・利休の口コミ情報

読了までの目安時間:約 6分

 

遊覧船に乗って松島湾を巡るのがおすすめ

 

仙台駅から電車を乗り継いで40分、青い海の中に小さな島々がポカリポカリと浮かんでいる景色が見えてきます。宮城へ来たらぜひ、天橋立(京都)、安芸の宮島(広島)とともに『日本三景』とされている松島へ訪れてみて下さい。

 

そして松島へ来たらオススメなのが、島めぐりのできるクルーズです。遊覧船に乗って島の名前や歴史を聞きながら松島湾を巡る事ができます。目的に合わせて幾つかのコースを選ぶ事ができ、事前予約無しでも乗船できるので旅の思い出作りに最適です!

 

但し、天候によって霧が立ち込めている時期もあるので天気予報をチェックしてから行くとよいかもしれません。また、遊覧船乗り場から徒歩5分程の五大堂は重要文化財に認定されており、観光客で賑わっています。五大堂の手前に木の隙間から橋の下が見えてしまう透かし橋があり、渡る時にほんの少し冷や冷や感を味わえます。

 

そして、松島ではグルメも楽しめます。松島海岸駅のロータリーや、徒歩10分程の松島さかな市場では美味しい牡蠣が味わえます。冬季には焼牡蠣がいろいろなお店で売られていますので、是非食べてみて下さい。ぷりぷり濃厚で美味しいですよ!

 

 

ニッカウヰスキーで有名な宮城峡蒸留所

 

 

2014年に放送されていた連続テレビ小説の「マッサン」をご存知でしょうか。ここは、「日本で本物のウィスキーをつくる」という夢を抱いてスコットランドへ渡り、帰国後は日本のウィスキー作りの発展に貢献した竹鶴正孝が建設した蒸留所です。

 

アクセスはJR仙台駅から仙山線作並駅まで約30分、駅から蒸留所まではシャトルバスが出ています。仙台からの移動時間はそれ程かからないのですが、蒸留所へ到着するころには緑の木々に囲まれた清々しい山の中へと変わっています。

 

その中にぽっかりと経つオレンジ色の蒸留所や積まれた樽が程良く歴史を感じさせ、マッサンが惚れ込んだ宮城の水と空気を感じる事ができます。蒸留所はいくつもの建物から成っており、当日申し込みが可能な無料のガイドがありますので、是非参加してみては如何でしょうか。

 

また、見学の最後にはお待ちかねの試飲タイムがあります。宮城の自然の中で作られたウィスキーを味わったら、思わずお土産売り場でウィスキーを数本買ってしまいそうですね!

 

 

麦飯とテールスープのセット定食が定番の牛たん炭焼き利休

 

 

仙台グルメと言えば牛タンですよね。市内には牛タン定食を提供しているお店は沢山ありますが、代表的なお店の1つである利休をご紹介します。

 

そもそも仙台で牛タンが名物になったのは、戦後に「太助」というお店の初代店主がタンシチューに使われていた牛タンに着目し、試行錯誤を重ねて牛タン焼きという料理を作った事が発祥だそうです。

 

今では、麦飯とテールスープがセットになった定食スタイルが定番となっていますね。利休はJR仙台駅付近だけでも10店舗以上ありますが、その中の1軒に夕食を食べに行きました。混んでいる事を想定し、開店30分前に行きましたが既に行列ができていました。

 

しかし、開店すると比較的スムーズに案内されます。牛タンは柔らかく、テールスープも優しい味わいで麦飯がどんどん進みます!あまり長居をするような雰囲気でもないので、食後は速やかにお店を出ましたが、大満足の牛タンでした。

 

仙台市内には、利休以外にも沢山のお店で牛タン定食を提供していますので、是非あなたの好みに合った牛タン定食を探してみては如何でしょうか。

 

 


 

タグ :

国内観光スポット 国内観光スポット 東北 宮城 国内観光スポット 東北

TOPへ戻る