日本国内、海外の観光スポットと絶景情報を盛りだくさんでご紹介!

観光スポットNAVI|耳寄りな口コミ情報を随時更新中!

観光スポット・名所の見どころ満載!eetoko.net

札幌観光名所 札幌市時計台・札幌テレビ塔・モエレ沼公園の口コミ情報

読了までの目安時間:約 7分

 

夜のライトアップもおすすめな札幌市時計台

 

札幌市時計台は、国の重要文化財であり、時計台と言われることも多い歴史的建造物です。札幌市民の憲章の文章は、私たちは時計台の鐘がなる札幌の市民です。から始まることからも札幌市民にとって時計台はなじみ深い大切な建物の一つとなっています。

 

外観は白く赤い屋根となっており、大きな時計が目を引きます。時計は毎時間鳴り、夜中でも鳴りますが周囲はオフィス街となっていますので苦情は来ません。時計は電気ではなく、おもりを人が週に2回ほど丁寧に巻き上げ動いています。

 

観光の名所でもあるので絶えず観光客でにぎわっていますが夜はライトアップされるのできれいです。ちょっとした撮影スペースもあり、地元の人も撮影するほど魅力的です。1階は資料館となっており時計台の歴史を詳しく知ることができます。

 

年始の元日から1月3日以外はすべて8時45分から17時10分まで(入館は17時まで)営業しています。入館料は大人個人は600円、団体は180円となります。2階は5時半から9時まで貸しホールとなっています。年末年始と月曜日(祝日の場合は翌日)が休館日です。

 

6000円から借りることができ備付物件に関しては、ピアノは3000円ですが、それ以外は無料で借りられます。コンサートは音と時計台の雰囲気に酔いしれ感動しました。また、講演会そして結婚式もできますので感動的な思い出作りに是非おすすめします。

 

 

スカイレストランからの景色もおすすめな札幌テレビ塔

 

 

テレビ塔は札幌の観光スポットとしても有名で、札幌市のちょうど真ん中にある大通公園の東の端にそびえ立っています。夜にはライトアップされたり、イルミネーションの日もあるので写真撮影スポットとしてもおすすめです。

 

色は全体的に赤く、下側のレストランなどがある2階と3階のほうは緑の屋根がついています。展望台の入場料は大人700円で、高校生600円、中学生400円、小学生300円、幼児(3歳以上)100円となっており、団体割引などもあります。

 

営業時間は9時30分~21時30分です。雪まつり期間は8時30分から22時30分まで。4月23日から10月10日までは9時から22時までと営業時間が長くなります。

 

展望台までエレベーターで昇り、大通公園を一望できるので、人気のある夏のよさこい祭りや、冬の雪まつりなどを高層階から楽しむことができます。テレビ塔のキャラクターであるテレビ父さんも人気で、テレビ父さんのほほんパークでは、グッズも売っており楽しめます。

 

また地下はグルメコートとなっており3階にはスカイレストランもあるので大通公園の景色を見ながら食事をすることができ札幌の思い出を作ることができます。

 

 

見る人を魅了する噴水ショーがおすすめなモエレ沼公園

 

 

一言でいえば美しい公園です。世界的な彫刻家イサム・ノグチが設計しました。2005年にグランドオープンしまだ新しいのですが人気上昇中の公園です。7時から22時まで(入場は21時まで)開園しており、入場料や駐車場も1200台が無料なので気軽に行くことができます。

 

公園に入るとガラスのピラミッドが目に入ってきます。公園の面積は188.8ヘクタールもあり、公園を一つのアート作品にするとのことで、イサム・ノグチがデザインした126基もの遊具があります。広大な敷地の中に、アートがうまく融合された公園となりました。

 

園内には、おしゃれなフレンチレストランや、ソフトクリームから軽食まで売っているテイクアウトショップもあり便利です。ほかにも約2300本の桜が植えられており、ゴールデンウイーク頃に桜が開花した時には、お花見スポットとしても北海道内で7位となるほどの人気で、多くの人でにぎわいます。

 

公園の中央にはモエレ山があり標高62.4m程度なので気軽にお散歩感覚で登れます。ふもとには子供に大人気のモエレビーチがあり夏には水遊びができます。

 

また見どころとしては、海の噴水と言う名の大きな噴水で、4月下旬から約半年間1日3回から4回の噴水ショーがあります。ロングとショートプログラムがあります。

 

ダイナミックに25m吹き上がったり、水が踊るように動いたり、静かに満ちていったりと目が離せなくなるような演出があり、夜にはライトアップされまた違う表情が楽しめてとても感動します。モエレ沼公園は、地元の人も観光の人も、1日いて飽きないほど楽しめるのでおすすめスポットです。

 

 


 

タグ :

国内観光スポット 北海道 国内観光スポット 国内観光スポット 北海道 札幌

TOPへ戻る