鳥羽水族館・ミキモト真珠島・神明神社

観光スポットNAVI|耳寄りな口コミ情報を随時更新中!

観光スポット・名所の見どころ満載!eetoko.net

鳥羽観光名所 鳥羽水族館・ミキモト真珠島・神明神社の口コミ情報

読了までの目安時間:約 6分

 

飼育種類日本一を誇る鳥羽水族館

 

飼育種類日本一を誇る、大きな水族館です。じっくり見て回るとほぼ一日がかりです。特色は大きな建物をテーマごとに仕切っていることで、それぞれ違った展示方法が工夫されています。テーマごとにきまった順路というものが無いので、時間が無ければすきなゾーンだけを選び出して見て回るといいと思います。

 

まずはエントランスを入ってすぐにコーラルリーフダイビングが登場します。これは大きな水槽で、記念撮影の人気スポットです。この水槽の裏には水槽に突き出した形のスペースがあり、水中にいるような気分が味わえます。

 

子どもさん連れなら、アシカショーがおすすめです。元気な係員さんの指示で、アシカたちがパフォーマンスを見せてくれます。観客席も多くて、すり鉢状になっているので見やすいです。

 

マニアの方なら、「へんな生きもの研究所」へ行ってください。何も食べないことで有名になったダイオウグソクムシは、ここにいます。その他にもユニークな生きものの水槽がずらっと並んでいます。

 

出かける前にはホームページをチェックしていきましょう。さらにツイッターやフェイスブックで飼育員さんが毎日のように発信しているので、いっそう楽しめます。水族館ならではのダイオウグソクムシぬいぐるみやお菓子のお土産も豊富にあります。

 

 

真珠のテーマパーク ミキモト真珠島

 

 

世界で初めてアコヤガイを養殖して真珠を生産した御木本幸吉は、鳥羽市の出身です。幸吉がアコヤガイの養殖を研究した島が、いまミキモト真珠島として観光スポットになっています。島なので陸からは海を隔てているのですが、とても近くて橋で渡れます。その島まるごとひとつが真珠のテーマパークのようになっています。

 

真珠養殖の道具ややり方が紹介されている展示のあとは、水揚げした真珠を加工する作業を紹介するブースがいくつもあります。選別したり穴をあけたり、ネックレスに組んだりと一般的には見られない作業です。

 

もちろん真珠製品を買うことができます。ショップには超高級品のジュエリーから手軽に買えるアクセサリーまで、ずらっと並んでいます。安心のミキモトブランドなので、お土産には最適です。

 

島には海女さんがいて、実演をやっています。真冬でも毎日1時間おきにあります。海に面した席から見ることができますが、独特の呼吸法である磯笛が聞こえるほど間近です。白い磯着姿は最近地元でも見ることが出来ないので貴重です。

 

レストランもあって、ここでは真珠貝の貝柱の料理が食べられます。貝柱は勾玉の形をしており、ホタテよりもずっと歯ごたえがあります。晴れた日には海に面した席がおすすめです。とにかく島の中は真珠にまつわるものばかりです。

 

 

神明神社は女性の願いをか叶えてくれるパワースポット

 

 

鳥羽市の相差(おうさつ)にある神明神社、通称石神さんは若い女性に人気の場所です。女性の願いをひとつ必ずかなえてくれると言われるパワースポットです。石神さん自体は小さなお社なのですが、いつ行っても若い女性の姿が絶えません。願い事を書く紙が用意されているのですが、これもピンクで女性好みです。

 

願いがかなったら絵馬を奉納しますが、まん丸の絵馬です。裏には真珠の絵が描いてあります。真珠の絵馬がたくさん並んでいる所を見ると、ご利益があるのだなと思わせます。

 

実際お礼参りにきて、近くの料理屋さんで披露宴をしたという話を聞いたことがあります。お参りに来たら、お守りを買っていくといいでしょう。海女さんの魔除けであるドーマンセイマンの柄を書き込んだ手作りです。

 

近くには古民家を改装した五左屋というお休みどころがあります。ここも海女にちなんだ場所で、2階には落ち着いた喫茶スペースがあります。おすすめはところてんです。このあたりは海藻が豊富でテングサも取れるので、夏だけでなく一年中ところてんを食べる習慣があります。海女グッズや鳥羽ならではのお土産もたくさん置いています。

 

 


 

タグ :

国内観光スポット 東海 三重県 国内観光スポット 国内観光スポット 東海

TOPへ戻る