阪急百貨店ショーウィンドー・いか焼き・エキマルシェ大阪

観光スポットNAVI|耳寄りな口コミ情報を随時更新中!

観光スポット・名所の見どころ満載!eetoko.net

梅田観光名所 阪急百貨店ショーウィンドー・いか焼き・エキマルシェ大阪の口コミ情報

読了までの目安時間:約 5分

 

阪急百貨店のショーウィンドーの毎月変わる展示はアート

 

大阪駅には4つの百貨店が隣接していますが、阪急百貨店は突出した高級感を放っています。入り口横の壁面には、7面の巨大なショーウィンドーが並んでいます。 ショーウインドーといえば、普通の店なら、売り出し中の商品の宣伝だったり、流行の服を着たマネキンが置かれているところ。

 

しかし、高級路線をつきつめる阪急百貨店は発想そのものが違います。 毎月変わる展示はアートと呼ぶにふさわしく、7面かけてその月のテーマが表現されます。

 

お正月には荘厳な生け花、クリスマスにはフェイクの雪が降り積もり、時には仕掛けで動いていることも。著名なアーティストの作品も登場します。一つ一つが巨大で迫力があり、1ヶ月で終わってしまうのがもったいないクォリティー。写真を撮る人も多く見られます。

 

そのショーウィンドーがある通りは「南北コンコース」と呼ばれ、改装前の天井は美しいアーチやドームが見物でした。その装飾の一部は、阪急百貨店13階のレストランに移設されており、今も見ることが出来ます。

 

 

阪神百貨店のスナックパークのいか焼きは場所を変えて営業中

 

 

高級路線の阪急百貨店とは逆に、阪神百貨店は庶民的。それを象徴するのが、軽食が立ち食いできるフードコート、スナックパークでした。 2015年の百貨店の建て替えにともない、スナックパークは閉鎖されてしまいましたが、絶大な人気を誇るいか焼きは、テイクアウト形式になり、場所を変え営業を続けています。

 

いか焼きは、もちもちとした食感の生地にいかを練り込み、真ん中にソースを塗ってプレスしたもの。片手で気軽に食べることができ、大阪らしい粉もんの美味しさが味わえます。

 

注文するとあっという間にできたてを渡してもらえますが、人気のあまり、いつでも行列ができています。いか焼きを受けとった人は、店のすぐ横の出口から地下道へ出て、その場で立ち食いを始めます。

 

隣接する阪神電車乗り場には、同じように地元の人に長く愛されてきた、立ち飲みのジューススタンドがあります。大阪名物のミックスジュースをいか焼きと一緒にいかがでしょうか。

 

 

エキマルシェ大阪のデザイン性の高いトイレはかわいらしさで人気

 

 

エキマルシェ大阪は、JR大阪駅直結の商業施設。ファッションやレストラン、お土産品の店舗が並びます。 2012年にオープンしたばかりで施設全体が真新しい中、特に注目したいのが、「感度の高い大人のための空間を目指した」という同施設のデザイン性の高いトイレです。

 

ファッションのエリアにある女性トイレは、かわいらしさで人気。ブログに書いている人もいるほどです。 白を貴重とした壁、天井にはシャンデリアが下がっています。窓を模したディスプレイには植物が飾られ、さわやかな雰囲気がただよいます。

 

トイレの各個室はとても広く、着替えも楽々できます。手洗い場の横には、お化粧直し用の机と椅子があり、全身鏡も完備しています。 レストランのエリアのトイレは、竹の装飾が美しい和モダンな雰囲気。個室が円形で有機的なやわらかい雰囲気で、男性にも使いやすくなっています。

 

例えば、JR大阪駅隣接の百貨店ルクアのトイレからはきれいな夜景が見えるなど、大阪駅周辺には観光客が楽しめるトイレが点在しています。その中でも、エキマルシェ大阪のトイレは、デザインへのこだわりが感じられ、一見の価値があります。

 

 


 

タグ :

国内観光スポット 国内観光スポット 近畿 大阪府 国内観光スポット 近畿

TOPへ戻る